タブチ動物病院 埼玉県/川越市
HOME
診療案内
施設案内
ペットの病気
歳時記
スタッフ紹介
ペット紹介
アクセス
求人案内

ペットの病気

今回は当院からワンちゃんネコちゃんと一緒に暮らすに当たって「病気の予防これだけは」と題して最低限必要な予防についてお話しします。

病気の予防これだけは

DOG編

狂犬病の予防接種

狂犬病の予防接種は法律で義務づけられており生後90日以上のワンちゃんは必ず接種し登録しなければなりません。

混合ワクチン

感染すると命にかかわるかもしれない恐ろしい病気をワクチンの接種で予防します。

  • ワクチンの種類
    当院では5種混合と8種混合を用意しております。
  • 接種時期
    子犬の場合・・生後2ヶ月頃の時期から生後3〜4ヶ月の時期の間に2回から3回の接種を行います。
    その後は、年に1回追加接種を行います。

ワクチンの種類や接種時期は犬種や生活環境によって違いますのでご相談ください。

フィラリアの予防薬

フィラリア症は蚊の媒介により犬から犬へ感染する病気です。フィラリアの成虫はそうめんのように細長く心臓内や肺動脈に寄生し食欲不振や元気消失、咳、腹水、貧血、失神を起こし死に至る確率のとても高い病気です。
蚊が飛び始める5月頃から蚊がいなくなる11月頃まで月に一回飲ませる予防薬を使った予防が必要です。
当院ではワンちゃんの嗜好性に合わせてチュワブル、顆粒、錠剤、をご用意しております。

CAT編

ワクチン

完全に室内飼育のネコちゃんが増えていますが、・・病原体は他の猫や人間を介して室内に侵入したり病気やけがで動物病院を訪れた際に他のネコちゃんに接触するなどもたくさんあります。怖い伝染病にかかってからあわてても手遅れです。

  • ワクチンの種類
    当院では3種混合と5種混合を用意しております。
  • 接種時期
    子猫の場合・・生後2〜3ヶ月の時期に1回目。そのおよそ3週間後に2回目。
    その後は年に1回追加接種を行います。

ワクチンで予防できない病気

残念ながらワクチン接種で防ぐことができない病気に

  • 猫免疫不全ウイルス感染症〈エイズ〉(FIV)
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)

があります。
いずれも発症すると致死率の高い伝染病で早期発見により治療はできても完治はしません。
少しでも感染の危険を減らすには完全室内飼いにして外猫や野良猫との接触を避けることです。